風俗嬢と都会にまみれて。

僕は海沿いの田舎町に住んでいるのですが、どうしても使いたいものがありました。それは風俗です。ネットで体験談を見て以来、ずっと使って見たかったのです。しかし、地元に店は無い。ということで、先日は都会に繰り出してきました。都会まで来たのなんて、学生の時に通っていた大学以来です。その時使っておけばよかったのですが、まだまだガキだった僕は、使いこともしなかったのです。さっそく都会の店に突撃し、女の子を指名。体験談のようにスムーズに入ることができて、女の子とイチャイチャしまくりました。田舎出身で、恋愛経験もほとんどない僕にとっては、この体験は物凄く貴重なものでしたね。とにかく気持ち良くて、とにかく最高な時間を過ごせたんです。まだまだ使いたいと思ったのですが、時間が来てしまって田舎に帰ってきました。休日くらいなら片道1時間程度で来られるので、これからも風俗を使わせてもらいたいですね。あぁ、都会に住んでいたら風俗も使い放題なんだけどなぁ。

風俗嬢の乾燥したアソコ。

濡れない風俗嬢って、魅力に欠けますよね。先日使った風俗嬢は、カラッカラのアソコでした。年齢が29歳だったから、女性としての魅力的な期間もそろそろ終わりって感じでしたね。どこを触っても全然感じない不感症気味の子だったから、アソコも乾燥しまくりでした。カサカサなアソコなんて、誰が魅力を感じるでしょうか。「すごい乾燥しているけど、濡れない体質なの?」と僕が聞くと、風俗嬢は「最近になって濡れなくなったんだよね」と悩んでいるようでした。僕も濡れてくれないと楽しめないので、ちょっと残念でした。ローションを使うのはあまりにも王道過ぎて好きじゃないのですが、仕方ないのでローションでぬるぬるにしてプレイという感じでしたね。ただ、中に指を入れても、一向に感じてくれる気配もないんです。僕は今まで付き合ってきた女性もたくさんいるし、自信が結構あったのですが、そんなプライドも完全にポッキリでしたよ。心が折れてしまいました。